FC2ブログ
日々想うことを徒然と。

My words at our parting

理由は、端的に言うと、信じられなくなったから。
(多分、誤解される表現だから補足するね。

俺の事が好きってのは信じられたよ。
でも…ん~、なんて言うんだろう…感性が違うって言うのかな?
例えば、「『好き』『愛してる』の感じ方」や「愛し方」が違う。
あと、俺との関係性を続けるためなら手段は選ばない貴女。
貴女の価値判断の基準は「貴女自身が幸せかどうか」だけだった気がします。
私の心情は考えてた?嘘がいけない事だって…頭じゃなく心で理解してた?
そのために、振り回されるのは…やっぱりイヤだったよ。
俺は、「互いに高めあえる関係」じゃなきゃイヤだ。欲張りだもの。
貴女が自分本位な考えを捨てきれなかった事、貴女が私に対して嘘が多かった事…貴女を本当の意味で手に入れられなかったのは、俺の能力・魅力がまだ不足してた…とも考えられるよね。
だから、どちらが悪いからとかそういう問題じゃないのは、理解してるよ。

もうこの先、貴女以上の女性にはめぐり合えないと思えます。
でも、貴女との別れと貴女への想いは、私の中では別な問題です。

貴女は「離婚は1年待ってくれ」と言ったけれど、私が抱える辛さを…本当の意味で、心で理解していたとは思えない。

俺は「待てないから、今すぐ離婚するか、俺達の関係を終わらせるかだよ?」って言った。
貴女は「両方イヤだ」と言った。

だから、俺が選択したんだ。別れると。

嫉妬と自らの過ちへの辛さ…私の心が耐えられなかったよ。
旦那さんとの関係性に対する嫉妬はまだいい。それは、俺のエゴも多分に含まれた感情だから。
でもね、人としての過ちは…本当に耐えられない事。
貴女と私、そして、貴女と私を取り巻く環境全てに対する冒涜だから。

想いは、感性と共にある。
人は環境の動物。環境に大きく左右される存在だよ。
あの精神状態、環境に1年間置かれて、俺は、自分自身が輝き・向上し、貴女や周りに慈愛の心を持ち続けられるとは思えなかったよ。
貴女の事は、本当に愛してるけど…
想いを盾にして、互いに慈しみの心を忘れ、傷付けあい、輝きを失う道を選ぶのは辛い事だったよ。
貴女もギスギスした感じだったし、環境は選ばなきゃ、って思った(笑)

何時も優等生でいようとしたわけじゃない。
私は、貴女に対しては、いつも正直で、感情むき出しで…困らせてばかりだったと思います。初めての経験でした。
プライドを捨てた言質をしたのも…初めてでした。

もう一度、道は交わるのか、交わる事のない新たな道を歩むのか…どうなんだろうね?
人生は長い。状況がどう変わるか分からない事。それは神のみぞ知る。
本当に惹かれ逢う運命なら、絶対に道は再び交わると思えるよ。

でもね、どっちにしても、今は別れるしかなかったよ。

言葉足らずで貴女に完全に説明できてるとは思わない。

でもね、俺は、互いに向上する関係性しか認めない。
俺だけが利益を受け取るとか、貴女だけが受け取る…
若しくは、両方落ちていく関係性は認めない。

だから、今は、終わるしかない。

道理に逆らって頑張っても、互いに優しくなれずどんどんギスギスしちゃうのは目に見えてる。


俺は俺自身の想いに対して、やるべき事は全部やったと言い切れるよ。本当に全部、ね。
だから、後悔はない。
プライドなんて捨ててたし、仕事も止めても良いと思ってたよ。親や周りの理解も要らないと思ってたよ。
色々なものを…全てを捨てられなかったのは貴女。
信じられなかったのはお互い様。
俺は捨てられない貴女を信じ切れず、貴女は、俺の想いが信じられない。
悪循環で…共に落ちていく関係だったよ。客観的に見るとね。

主観で言うとね…それでも良いとも思っていたよ。
貴女が望み、結果、一緒に落ちる事が分かっていても。

でも、自分の気持ちを切り離して…よくよく考えて出した結論。
互いに別々な道であってもそれぞれが輝けると信じられる道。
お互いに強い子だもの。

だから、今は、これで良いんだよ。

真摯に切実に願います。自暴自棄な行動は慎んでね。あと、即物的な考え方…止めた方が良いよ。

目の前の事象に囚われないでね。
別れる事自体は、大したことじゃないのだから。

私は、私自身の貴女への想いを真っ直ぐ持ち続けます。
否定も肯定もしない。継続も終焉も関係ない。ただ、あるがままに。

貴女も真っ直ぐに持ち続ければ良いんだよ。
駄々をこねたり、感情を露わにしてどうこうしたところで、互いに譲れないところがあるのだから、本質が変わらないとどうしようもない事くらい、貴女も本当は分かっているでしょ?

事象に囚われて、私の貴女への想いまで、否定するのは…素直じゃないよ?ついでに優しくもない(笑)
あと、「一緒にいられないなら死ぬ」なんて…貴女や私の互いに対する想いや周りの全てを否定するような発言は、貴女には似つかわしくない。
最後くらい、私に対しても少しは慈愛の情を示し、優しくして欲しかったな(笑)

今は、私が言っている内容の本質的意味が分かっていないかも知れない。
でもね、いつか分かってくれる人だと…私には分かります。

貴女のこれからの行動には、私の貴女への想いも込められている事を忘れずに、これからの人生を歩んでください。
貴女が今以上に輝く事を期待し、陰に日向に応援してます。

貴女は「言葉は所詮、言葉」と言ったよね。
でも、私は、私自身の想いを伝える手段に…言葉しか持ち得ない。

伝わらないなら、お互いの感性の未熟さ。
でも、それでも敢えて言います。

貴女の幸せを望んでいます。
貴女が幸せなら…私との関係性はどちらでも良いこと。
貴女の幸せを望んだ先には、私自身の幸せ・向上を感じることができるから。

貴女と共に歩む人生、別々な人生…
どちらの人生のイメージの中にも、二人の明るい未来を感じることができました。
これは、本当に幸せな事でした。

そして、今、私は「『別れ』は必然」と信じることが出来ます。
「今の別れ」が「未来の共に歩む人生」に繋がるのか「未来の別々な人生」に繋がるのかは…今の私には分かりません。
でも、現在選択した「別れ」の先には、互いの幸せ・向上があると信じる事ができます。

人生には後退とか下降は有り得ない。
目標ある人生には、前進と向上しか有り得ないのだから。
立ち止まることなく、「いい女」で在り続けてくださいね。
私も頑張ります。

本当に本当に…万感の想いを込めて。
本当に’ありがとう’
貴女の今後に幸多からん事をお祈り致します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お互いの持ってる価値観って・・・
なかなか同じ人っていないけど
どれだけ分かり合おうとするか、歩み寄ろうとするかですね。

相手を想いやる気持ちもとっても大切だけど
自分あっての相手なんですよね。
そぉ感じました
2006/07/24(月) 12:39 | URL | iku #-[ 編集]
価値観が似通っている人
価値観が異なる人

色々いるけど、要は許せるか許せないかだよね。

似通っていても、似ているが故に許せない人もいたりして、ね(笑)

自己の確立と思いやりは、両立させなければ元の木阿弥、全て無駄となります。
「強くなければ生き抜けず、優しくなければ生きている資格がない」
基本は、こうありたいよね、何事も。

でも…たまには、想いが先行して「優しく終わる」ってのもありじゃない?
2006/07/24(月) 23:27 | URL | ルーテナント #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lieutenant.blog44.fc2.com/tb.php/142-64bcf551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック